引っ越し費用を安くしたい!

 

引越し業者を利用する際、複数あり過ぎてどの業者を利用したらいいのか…いまいち分からないですよね。

どうしても安くしたい引っ越し費用ですが、引っ越し費用を抑える上で必ずやっておくといい事が『見積もり依頼』です

『たかが見積もり』と思いがちですが、コツを抑えているのと抑えていないのでは全く引っ越し金額が変わってくることをご存知でしょうか?

 

同じ引っ越し内容なら、少しでも引っ越し費用は抑えたいもの...
今回は、見積もりの順番と引っ越し料金の交渉のテクニックについてお話ししていきます。

 

 

見積もりは一括見積の利用がお得

 

引っ越し業者はテレビでCMをしている大手だけではなく、とても親切でお得な引っ越し業者さんが数多く存在しています。
ネットで引っ越し業者を調べて1社ずつ電話していては時間と労力がいくらあってもキリがありません。

 

お得に引っ越しをしたいという方にオススメなツールは「引っ越し一括見積サービス」です。

 

なにがお得かと言えば…

◆あなたの荷物の量
◆引っ越し先
◆引越し希望日程など

を入力することで、複数の業者さんから見積もりの電話やメールが来ます。
先方からの電話ですので、特に電話代もかからず連絡が来るのを待っているだけです。

 

引っ越し業者の方は、まず一度家を訪問し荷物を搬出する際の入り口や荷物の多さをチェックし、目で確認した上で金額の提示となります。

 

 

しかし!
注意する点は、先方に言われるまま一番最初にかかってきた1社目で決めるのはやめましょう。
即決しては、引っ越し費用をお得にするポイントを逃してしまいます。
ここから費用を抑えるコツについてお話ししていきます。

 

 

時間が無い方!短期間で値切るコツは?

 

転勤や移動で急に決まった引っ越しという方はゆっくりと業者を吟味している時間はありませんよね。
そんな方は、短時間で見積もり料金を値切らなければいけません。

 

 

2〜3社の見積もりを依頼する

時間があれば数社見積もり依頼をだす方がゆっくりと吟味できますが、時間が無い場合はそうはいきません。
その場合、2〜3社に抑えて見積もり依頼を出しましょう。
1社で決めてしまうと値引き交渉も比較も出来ませんのでオススメできません。

 

2〜3社は見積もりも半日から1日で終わりますので、時間が無いという場合でも対応可能です。

 

 

訪問見積もりの時間の組み方がポイント

見積もり依頼業者が決まったら、一番気になっている業者を一番最後にお願いするように組みましょう。
交渉の際にポイントとなるのは『他社の引越し見積もり金額』です。

 

時間がありませんので、3社とも同日に訪問見積もりをお願いするスケジュールを組むといいでしょう。

 

1社目・2社目の業者もすぐに決めて欲しい為に「即決してもらえたら〇〇円で引き受けます」と安くしますよ!アピールをしてくることがあります。
しかし、きちんと3社目まで見積もりを出してもらい「●●社は〇〇円まで値引きしてもらえると言っていたのですが…」と出してもらった一番の最安値を伝えることで、その価格以下の金額を提示してくれることもあります。

 

比較交渉する為にも、複数の見積もりはとっても大切なやっておくべきポイントなのです!

 

 

じっくり交渉をして値引きするコツ

 

少し引っ越し業者を決めるまでに時間の余裕がある方は、5社くらい見積もりをお願いするといいでしょう。
その際に、大手ばかり見積もり依頼を出すのではなくCMでも聞いたことのない業者も依頼をお願いすることがオススメ!

 

見積もりを出してもらうと、業者によって数万の差があることに驚くでしょう。
同じ荷物を同じ場所に移動するにも関わらず、ここまで業者によって価格が変わってくるのです。

 

≪交渉に使える例文≫

御社にお願いしたいとは思うのですが、他社に見積もりをしてもらうと30,000円でして頂けるようで迷っています。

 

他社が御社よりも格安で引越しができるようなので…

 

じっくりと吟味できる場合でも、見積もり業者は5社くらいまでに抑えておきましょう。
それ以上見ていては、どこがいいのか分からなくなってしまうので5社ほど見積もり依頼をし、使える例文を使って一番安い金額で引越しをお願いしましょう!