年末 引っ越し

引っ越しが決まったらやるべきことの1つに
「転出届」の手続きがあります。

 

「転出届」の手続きは、役場・区役所で可能です。
こちらは郵送でも可能ですので、後程郵送の手続き方法についてもご紹介します。

 

 

引っ越し先が、同一地区町村内でしたら「転出届」は必要ではありません。
(例えば、渋谷区から渋谷区への引越し等)

 

同一地区町村内での引っ越しは、「転居届」のみです。

 

 

 

いつまでに終わらせる?

転出届は、大体2週間前位には終わらせておくと安心です。

 

引っ越し先が、現住所より遠い場合この「転出届」を発行してもらうだけの為に出向かなければ行けなくなる場合もありますので、転出届の手続きは忘れずに行いましょう。

 

 

手続き可能時間は?

窓口

区役所の営業時間は、平日(月〜金)8時30分〜17時までの場合が多くなっています。

 

仕事をしていると中々難しい時間帯です。

 

役所によっては、土曜日の午前中のみ受け付けをしている所もありますので、お住まいの区役所のホームページで確認しておきましょう。

 

《持参するもの》

◆身分証明書
◆印鑑

 

 

 

郵送の場合

お住まいの地区町村の区役所のホームページに【郵送用の依頼書】があります。
そちらを印刷し「署名」「捺印」「必要事項」を記載し郵送します。

 

《準備するもの》

◆身分証明書のコピー

 

◆返信用封筒(長4以上)
 転出届を区役所の方があなた宛てに郵送する際の封筒になります。
 あなたの住所・氏名を記載し切手を貼っておきます。

 

◆ホームページから印刷した郵送用の依頼書(署名・捺印・必要事項記載)

 

これらを、封筒にいれ区役所宛に郵送します。
(ホームページに宛先が記載されています)

 

 

 

注意する点

窓口での手続きですと不備があればその場で修正できますが、郵送では不備があると証明書の発行が不可能で時間がよりかかってしまいます。

 

投函する前に、「印鑑」「必要事項」「身分証明書のコピー」など漏れがないかを再度確認しておきましょう。
転出証明書が届くまで、3〜7日位が目安です。

 

《郵送の場合 最終チェック欄》

身分証明書(コピー)
印鑑
必要事項
返信用封筒(切手)