6月 引っ越し

6月引っ越し費用・相場は?格安引越し業者を知りたい!

 

 

家の更新など、なかなか引越しの日程を自由に決めることが難しい方もいると思います。

 

しかし、自由に選べる方は6月は「引っ越し費用を抑えることが出来る」タイミングです。
引っ越し費用だけではなく、家賃や初期費用も安く設定されている時期でもありますので上手く活用するといいでしょう。

 

 

みなさんもご存じの通り、一番引っ越し費用が高いと言われる「繁忙期」は2〜4月上旬です。

 

この時期は、新学期・新入社・入学式など1年の始まりと言われる行事が多い時期です。
この時期は、タイミングを自由に選べる方が少なく集中してしまうためどうしても価格を抑えることはハードルが高くなってきます。

 

大体、人の動きが止まるのは5月以降になります。

 

この時期は、人が動かない為この時期までに埋まらなかった物件は空いてしまう時期が長くなってしまいますので大家さんとしても、初期費用(敷金礼金)を安くしてでも、部屋を埋めたいというのが心情です。

 

よって、引越しにかかる初期費用も抑えることが一番可能な時期は、6月にかけてになります。

 

 

引っ越し費用も抑えることが可能?

 

人の動きが少ないということは、引っ越し業者を利用する人も少ないということです。
この時期は、1人でもお客さんを逃したくないというのが引っ越し業者の方の心情です。

 

よって、値引き交渉が可能になります。

 

年間を通して安い閑散期とはいえ、1万円でも安く出来るなら「引っ越し費用」は安くした方がお得です。
その分、インテリアや食費につかえるため引っ越し費用を安くするポイントを抑えて、お得に引っ越しをしましょう。

 

 

引越し日はいつがお得?

 

平日のフリー便が一番お得

 

どうしても土日に仕事がお休みの方が多い為、閑散期と言えども集中しがちなのが土日祝日
集中しがちな日程は、どうしても業者も価格が高くなります。

 

時間帯も、心情としては午前中に新居に移動し午後はゆっくりと片づけ、整理整頓出来た状態で翌日出勤としたいものです。
人が考えることは皆同じですので、やはり午前中は集中し価格も上がります。

 

どうしても、引っ越し費用を最大限まで下げたいという方は「平日のフリー便」を利用するとかなり価格は抑えることが可能です。

 

「フリー便って夜遅くくるの?」
と思いがちですが
前日に「●●時〜●●時の間に到着しますね」という大体の時間帯の連絡をくれますので、翌日のスケジュールを組みやすくなっています。

 

業者が来る時間帯が分かれば、午前中に今日の食材を買って新居に持っていく荷物に詰めたり、転居届を取りに行ったりと出来る手続きや用事を済ませることが出来るためとても便利です。

 

 

 

この作業が最大限安くするポイント!!

 

引越し業者は、何件とあります。
テレビのCMでおなじみの大手有名業者もありますし、ネットでしか広告を出していない業者もいます。
どの業者も、とても丁寧に作業をしてくれますので安く引越しをしたい方は「価格」を重視しましょう。

 

 

”そこでポイントとなるのが「他社との比較見積もり」です”

 

 

電気屋さんでもよく「他社よりも安く」と掲げているところが多いですよね。

 

比較見積もりをしてみると、驚くと思いますが「同じ荷物」を「同じ日程」で引越しを依頼しても、全く違う金額を提示されます。

 

ですから、1件目で決めるとあなたが損をします。
必ず、数社見積もりを出してもらい「他社は●●円と言われたので少し検討してみます」と伝えるのです。

 

 

お客さんを一人でも逃したくない為、他社見積もりよりも値下げした価格を提示してきます。
そこで、契約をすればあなたはお得に引越しをすることが出来ます。

 

 

複数の他社見積もりは簡単!!

 

ネットで【希望日】【引越し区域】【荷物量】を記載するだけで、業者から見積もりが来ます。

 

Webであっという間に、あなたがお得に引越しをする「見積もり」が手に入りますので是非利用して、1万円でも安く引越しをしてくださいね。

 

 

 

 

大手引越し見積もりサイト:引越し侍公式ページ
→→ http://hikkoshizamurai.jp/