5月引っ越し費用や相場は?格安の引越し業者を知りたい!

 

なかなか引っ越しの時期は選べませんが、引っ越し時期の融通が利くなら閑散期に引っ越しをすることで「家賃」と「引っ越し費用」も安くなります。

 

お得に引っ越しをすれば、2〜3万の差が出てきますのであらかじめお得に引っ越しをする方法を知っておき損をしないで引っ越しをしましょう。

 

引っ越し費用を抑えるポイント

 

◆繁忙期を避ける
◆平日を選ぶ
◆複数の引っ越し業者に見積もりをとる
◆時間帯フリーを選ぶ
◆大安を避ける

 

全てのポイントを抑えることが可能でしたら、引っ越し費用はかなり抑えることが可能です。
しかし、どうしても時期的なものや休みの関係で難しい方は「複数の引っ越し業者に見積もりをとる」ことは必ずやってください。
同じ日程・時間帯に引っ越しをするにしても、見積もりを取るのと取らないのでは数万の差が出てきます。

 

安く出来るものは、少しでも価格を抑えましょう。
なぜ、複数業者に見積もりを取るとお得かも経験も含めお話ししていきますので参考にしてみてください。

 

5月は引っ越し費用が各段に抑えられる!

 

引っ越し業者の一番の繁忙期は2月〜3月・4月になります。
会社の人事異動・新学期に合わせて人が一番動く時期になりますのでどうしても家賃だけでなく引っ越し費用も抑えるのが困難な時期になります

 

5月の引越し料金は、繁忙期に比べると格段に安くなります。4月までに売れ残った物件の価格改定が行われるためです。

 

繁忙期が終わると空き物件も少なくなってはいますが、大家さんも部屋を空き状態にしておくよりも1日でも早く入居してほしいため「敷金・礼金などの初期費用を安くする」「フリーレントを付ける」などのお得な点が期待できる月でもあります。
動く人が少ないため、引っ越し業者も出来るだけお客様を獲得するため値引き交渉に応じてくれる業者も多くなります。

 

少しでも安く新しい物件に引っ越しをしたいという方におススメの時期です。

 

ゴールデンウイークの引っ越しは損?

 

仕事の関係でゴールデンウイークを外すことが難しいという人も多いと思います。長期休みの間に引っ越しを済ませ、ゴールデンウイーク中盤以降は新居でゆっくりしたいと考える方は多いと思います。

 

その際に少しでも引っ越し費用を抑えるポイントが先ほどお話しした「複数業者に見積もり依頼をとる」です。
とても手間に感じますが、引っ越し侍などの大手引っ越しサイトを活用することでネットで簡単に依頼を取ることが可能です。
申し込みさえしてしまえば、引っ越し業者から電話が来るのを待つだけ。
見積もりを出してもらったら、業者によって価格の違いにびっくりすると思います。ここからがポイントです!

 

業者が出してくる金額に対してすぐに契約をするのではなく
「ほかの業者にも見積もりをお願いしているのですが」
という言葉を使ってみましょう。

 

引っ越し業者も、閑散期のお客様は一人でも逃したくないというのが本音です。
必ず他社よりも低い価格を提示してくれます。
「では、うちではこの金額で可能ですが。。。」
と提示された金額に納得がいくようでしたら契約をしましょう。

 

最初の見積もりの半額位になる場合もありますので、「複数業者に見積もり依頼をとる」という点は必須です!

 

大手引越し見積もりサイト:引越し侍公式ページ
→→ http://hikkoshizamurai.jp/

 

 

 

5月引っ越しで一番価格を抑えるには

 

ゴールデンウイークを外して引っ越しが可能な方は以下の点を抑えてみましょう

 

平日を選ぶ

 

土日祝日休みの人が多いため、土曜日の引っ越しが集中します。
人が集中するところは値引き率が悪いのが現実ですので、平日に引っ越しが可能な方は平日を選びましょう。

 

時間帯フリーを選ぶ

 

人の心理として、午前中に引っ越しを済ませ午後は片づけに専念したいものです。
午後便やフリー便とは、午後の時間帯か業者の都合に合わせた時間帯になりますのでこちらの融通はききません。
その点が気にならなければ、価格を抑えるポイントです。

 

荷物を極力減らし作業人数を最小限にする

 

一人当たりに使える引っ越し時間は決まっているため、荷物が多いとどうしても作業人数を増やさなければいけなくなります。
人件費に比例していますので、なるべく荷物を最小限にし最小の作業人数で引っ越しが可能な状態にしましょう。

 

早めの予約

 

飛行機にも早割があるように、引っ越し業者も早くにお客さんを確保できるというのはプラスです。
価格を下げてでもお客さんを獲得したいというのが本音ですので早めの予約はお得です。

 

 

このような点を抑えることで、数万引っ越し費用が変わってきますので是非参考にしてみてくださいね。