年末 引っ越し

4月引っ越し費用・相場は?格安引越し業者は?

 

4月の引越し状況は?

 

引越しの繁忙期は2月3月、新学期や新社会人の引越しが集中するためです。

 

「2月3月が引越し費用が高いなら、4月に入ったら引越しは安いかな?」と思いがちですが、注意も必要です!
4月の1週目はまだ駆け込みでの引越しが多い為、むしろ引越し希望日に予約が出来ないなどということもありますので落ち着いた2週目から中旬以降がオススメです。

 

どうしても、4月の上旬に引越しをしなければいけない方は、早めに引越し業者に依頼をしておきましょう。 4月は新生活もスタートしていますので中旬を過ぎれば、引越しは落ち着き需要は極端に減ります。

 

【引越し繁忙期】2月下旬〜4月上旬
【引越しオフシーズン】4月下旬〜8月上旬

 

春から夏の終わりにかけては、引越し業者はオフシーズン。
少しでも抑えたい引越し費用を抑えるチャンスです!

 

では、4月により引越し費用を抑えるためのポイントを見ていきましょう。

 

引越し費用を半額以下にするポイント

 

ネットで調べると沢山の引越し業者が出てきて、どれを頼んだらいいか分からないと迷ってしまう所だと思います。 結論から言いますと、大手の引越し業者はとても丁寧に手際よく引越し作業を行ってくれますのでどこが一番!!ということはありません。
しかし、業者によって引越し価格には大きな差があります。

 

複数業者に見積もり依頼をとる

 

各業者によって、行っているサービス・値引き率は変わってきますので複数業者に見積もり依頼をとる事がオススメ。

 

引越しは敷金・礼金と削ることが出来ない費用が多々ありますので、引越し費用は少しでも抑えたいというのが正直なところ。
見積もり依頼を複数業者に依頼すると言うのは、引越し費用を半額以下にするポイントです。
すぐに業者を決めないことです!この言葉を使ってみましょう 「他の業者にも見積もり依頼を頼んでいて…」 オフシーズンは、一人でもお客様を逃したくない引越し業者は必ず 「他の業者はおいくらですか?それよりも下げてこのお値段でうちだと出来ますが…」 と、他の業者よりも価格を下げた金額で契約交渉をしてきます。 「複数業者に見積もり依頼を取っておく」という行動がこの時にとても役立つのです!! 一括見積もりサイト「引越し侍」を使うとたった2分で見積もり依頼が出来ますので、後は業者からの連絡を待つのみです。

 

大手引越し見積もりサイト:引越し侍公式ページ
→→ http://hikkoshizamurai.jp/

 

 

時間帯を「午後・フリー便」にする

 

どうしても午前中に引越しを済ませ、午後は片付けに時間を使いたいというのが多くの人が思うところです。多くの人が希望する時間帯は値引きはあまり期待出来ません。 人があまり集中しない「午後・フリー便」を選ぶことでより値引き率は高く、より安く引越しが可能になります。

 

土日祝を避け「平日」にする

 

やはり年中通して、土日祝日の引越し希望が集中するため平日より土日祝の方が割り高です。 もし、可能でしたら平日の引越しの方が価格は抑えられます。