年末 引っ越し

 

「引越し費用」は引越しの際、一番抑えたい費用だと思います。
今回は、12月・年末年始の引越しについて、引越し費用を抑えるポイントをご紹介します。

 

引越し費用が高いのは1年でいつ?

 

最も引越し費用が高いのは、2月3月だと言われています。
この時期は、新学期などで人事異動・入社・入学など一番人の移動が多い時期だからです。

 

 

この時期は、どうしても引越しをしなければいけない人が集中するため、気に入った物件はすぐに押さえないと契約をされてしまうというように引越し業者も不動産業者も、一番忙しい繁忙期になります。
引越し業者もトラックの台数・動けるスタッフも決まっているため特に土日など引越し依頼が集中してしまうと、値引き交渉が難しくなります。

 

 

この時期は値段交渉の前に、希望する日に引越し業者に引き受けてもらえるかの心配の方が必要です。

 

この時期に引越しが決まってる、動かせない!というケース以外は、2月3月は出来る限り避ける方がいいでしょう。

 

2月3月に引越しが決まっている方は、引越しが決まった時点で早めに業者に依頼をしておく方が無難です

 

 

12月の引越し料金は安い?

 

2月3月が、繁忙期とお話ししましたが、12月年末年始はどうでしょうか?
12月は「師走」と言われ世の中がとても忙しい時期になります。

 

◆バタバタすることは年内に終わらせておきたい
◆片付けも終わらせて新年を迎えたい

などの理由から、12月年末は需要があるようです。

 

新年はすっきりとした気持ちで迎えたい!という気持ちは分かりますよね。

 

年末は値段交渉可能な時期ですが、安くするには「いくつかポイント」があります。

 

 

 

 

12月・年末年始で引越し料金を安く抑えるポイント

 

以下の点を抑えてみましょう。
引越し料金を少しでも安く抑えるために、押さえておきたいポイントです。

 

 

◆曜日

やはり一番高いのは土日祝!
★★休みの日に引越しをしたいという希望が集中するためです。
土日休みの方が多い為、土曜日に引越しをし日曜日に片付けをしてスッキリして月曜日を迎えたいという需要が多い為に土曜日の方が引越し料金は高くなります。

 

 

◆時間帯

午前指定の方が、高くなります。
★★なるべく午前中に引越しを済ませて、午後には片付けたいという方が多い為です。
引越し業者の都合に合わせた「午後便・フリー便」ですと、価格は安く設定されています。

 

 

◆月中の時期

月末の方が、料金は高くなります。
★★年末まで前の家に住み、月初からは新しい家に住みたい!と考える人が多い為月末の方が高くなります。

 

 

◆六曜

基本的に縁起がいいとされる「大安」は引越し費用も高くなります。
★★縁起をかつぐ方は「大安」にこだわりますが、そんなのは気にしないという方は、大安以外を設定するかもしくは仏滅の日ですと料金はかなり安く交渉が可能です。

 

 

 

年末年始の引越し事情は?

 

年始より年末の方が、引越し需要は多いようです。

 

年始は新年の挨拶回りや実家への帰省など、どうしても予定がつまってしまい引越しどころではない為、年末に比べると極端に年始の引越しは需要が減ります。

 

 

 

▼年末年始の注意点

 

12月31日、1月1日・2日は、休みの引越し業者も多い為確認が必要です。
帰省や外出によるUターンラッシュにより、トラックが渋滞に巻き込まれる可能性があるため時間に余裕を持つことが必要

 

繁忙期に比べれば値段交渉はしやすいですが、12月・年末年始は何かと多忙な時期となりますので、引越しを考えている方は早めに業者に見積もりを済ませ日にちを押さえておくことがオススメです。

 

 

 

引越しの際の「値段交渉」

 

どうやって値段交渉したらいいか分からない…という方は…

◆これから他の業者にも見積もりをお願いしているのですが…
◆他の業者はこれくらいの金額を出してくれているのですが…

と、伝えてみましょう。

 

同じ引越しをお願いするなら安いところが一番というのは、みなさんが思うことです。

 

私は、何社か業者に見積もりをお願いしていて安いところで決めたい!という意思が伝わります。

 

 

 

先ほどの言葉を使うと

◆では、うちはここまで価格をさげることが可能ですがいかがでしょうか?

という値段交渉が可能になります。
引越し業者も一人でもお客さんを逃したくありませんので、他の業者が出している見積額よりも下げてきます。

 

 

ポイントは「複数社見積もりを出してもらっていて、どこにお願いするか悩んでいる」ということです。

 

複数社引越し業者に見積もりを出してもらうことで値段交渉がしやすくなりますので、引越し侍などの大手見積もりサイトで最低でも2から3社は見積もりを取っておくといいでしょう。

 

 

大手引越し見積もりサイト:引越し侍公式ページ
→→ http://hikkoshizamurai.jp/

 

 

 

 

どうしても、後でいいや!となりがちな作業ですが、引越し費用を安く済ませる一番のポイントですので「ウェブで3分」、申し込みさえしてしまえば後は業者さんからの連絡でスケジュールを固めていくといいでしょう。

 

 

引っ越しは、他にも色々と手続きが必要です。
引っ越しやる事リストでもまとめてあります。

 

快適にお得に、引っ越しをしましょう。