引越しは、新しい場所・新しい部屋への移動の為ワクワクする一大行事ですよね!

 

しかし、引っ越しは何かとお金がかかるもの…
敷金・礼金・仲介手数料と大きな出費が伴う行事でもあります。
そこで、なるべく抑えたい費用は『引っ越し費用』ではないでしょうか。

 

 

CMや雑誌でおなじみの引っ越し業者ばかりではなく、ネットで探すとかなり多くの引っ越し業者があることが分かります。

どこに頼んだら安く引っ越しをお願い出来るのだろうか…

 

お得に引っ越しをするポイントは?

 

押さえておくべき裏ワザはあるの?

実は「引っ越し費用」はポイントを抑えているのと抑えていないのでは、全く金額が変わってくるのをご存知ですか?

 

ここでは、引っ越し費用を安くお得にする方法と引っ越しに関してのお得な情報をまとめています。
是非参考にしてみて下さい。

 

まずどの月でも安くするうえで抑えてくべき事をご紹介します。
月別については、また別でもご紹介しているので是非参考にしてください。

 

 

 

引越し見積もりサイト:引越し侍公式ページ
→→ http://hikkoshizamurai.jp/

 

 

抑えてくべきポイント

この3点を抑えて引っ越し日時・時間帯を決めるだけでも、引っ越し費用は抑えることが可能です。

 

曜日

やはり一番高いのは土日祝!
休みの日に引っ越しをしたいという希望が集中する為です。
土日休みの方が多い為、土曜日に引っ越しをして日曜日に片づけをしてスッキリとした気持ちで月曜日を迎えたいという需要が多い為に土曜日の方が引っ越し料金は高くなります。

 

時間帯

午前指定の方が割り高!
なるべく午前中に引っ越しを済ませて、午後には片づけをしたいという方が多い為です。
引っ越し業者の都合に合わせた「午後便・フリー便」は、価格が安く設定されています。

 

六曜

基本的に縁起がいいとされる「大安」は引っ越し費用も高め!
縁起をかつぐ方は「大安」にこだわりますが、そんなのは気にしないという方は大安以外を設定する、もしくは仏滅の日に設定すると料金はかなり安く交渉が可能です。

 

 

引越しの値段交渉術

値段交渉は、なかなかしにくい…という人が多いですよね?
そんな方に是非使ってい頂きたい言葉があります!

 

◆これから他社の業者にも見積もりを依頼しているんです。
◆他の業者の見積もり金額も見てから決めたいのですが…
◆他社はこれくらいの金額を出してくれていて迷います…

 

私は、何社か業者に見積もりをお願いしていて安い所で決めたいんです!という意思が伝わるのが大切です!

 

業者も、一人でもお客さんを逃したくない為他社が出している金額よりも下げて再交渉をしてくる場合が多いのが現実です。
よく家電で見かける「他社よりもお安くします」というのと同じです。

 

ポイントは「複数の会社から見積もりを出してもらっていて、どこにお願いするか悩んでいる」という事です。

 

複数の会社に問い合わせて見積もりをお願いするのは、時間も電話代もかかってめんどくさくなってしまいます。
引っ越しを安くしたいという方に一番利用されているのは「引っ越し侍」などの大手見積もりサイトです。

 

向こうから電話がかかってくるので、電話代もいりませんしお手軽に複数業者から見積もりを取ることが可能です。どんなに忙しくても3社は見積もりをとっておく事がオススメです。

 

 

 

引越し見積もりサイト:引越し侍公式ページ
→→ http://hikkoshizamurai.jp/

 

 

≪オススメポイント≫
◆複数の見積もりが一度で可能
◆向こうから電話がかかってくる(電話代不要)
◆知らない引っ越し業者の見積もりも取ることが可能
◆値段交渉の際に役立つ

 

 

 

月別!お得な引っ越し法 引っ越し費用の目安と相場


 

 

見積もりで押さえるべき裏ワザ 引越し前にやるべきコト


 

 

単身パックの相場・格安引越し方法 ファミリー引っ越しをお得に!